白浜小学校にて認知症サポーター養成講座を開催しました。

2018年01月5日

2017年12月19日(火)、白浜小学校にて小学生を対象とした、
認知症サポーター養成講座を開催しました。

今回、喜多医師会病院循環器内科医師の森岡先生と、
真網代くじらリハビリテーション病院の臨床心理士による、
認知症についての講義と、認知症劇を行いました。

普段の総合学習の時間で、「介護」に関して勉強をしていた子たちですが、
講義を聞いている中で、「認知症ってなに?」「どうなるのかな?」など、
疑問の声が多くありました。

講義の後は、2つのエピソードの認知症劇を観てもらい、
「こんな時どうするのかな?」「どうしてあげるといいのかな?」を皆で考えました。
皆積極的に手を挙げてくれ、学んだことを活かした良い意見がたくさん出ていました。

これからも認知症の人と家族の応援者である認知症サポーターを多数養成し、
認知症になっても安心して暮らしていける街を目指していきます。

認知症サポーター養成講座1

認知症サポーター養成講座2

認知症サポーター養成講座3

認知症サポーター養成講座4

認知症サポーター養成講座5

認知症サポーター養成講座6