真網代くじらリハビリテーション病院にて看護実習を行いました。

2017年07月19日

2016年6月5日~22日の期間、
帝京第五高等学校 看護科3年生6名が、
真網代くじらリハビリテーション病院にて看護実習を行いました。

DSC09729

実習当初は、動きがぎこちなかった実習生も最終日には、
笑顔で積極的に患者様とコミュニケーションがとれていました。
この実習を通してそれぞれが目標とする看護師像に、
一歩近づけたのではないかと思います。

DSC09749

【実習を終えての感想】
・今後の座学や実習に生かすことができる貴重な経験となりました。
・実習を通して基礎が本当に大切なんだと感じました。
・認知症患者さんの看護について知る機会があり、とても勉強になりました。
・実習期間中に患者様に名前を憶えていただけて、呼び止めてくださったことが嬉しかったです。