一般事業主行動計画

2009年09月28日

急速に進む少子化を受け、2005年4月1日から「次世代育成支援対策推進法」が施行されました。次世代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境の整備を行うための法律で、行動計画を策定し実施することとされています。くじらグループでは、仕事と生活の調和された「ワークライフバランス」を目指し、職場環境の整備に努めてきました。現在は次のような行動計画を策定していますのでお知らせいたします。

《一般事業主行動計画》

職員が仕事と家庭を両立しながら働ける環境をつくることにより、その能力を十分に発揮できるようにするため、次のような行動計画を策定する。

Ⅰ.計画期間

2008年4月1 日から2010年3月31日までの2年間

Ⅱ.内容

1) 子育てを行う労働者等の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備

【目標】子供が生まれる際の父親の休暇の取得促進

【対策】2008年8月就業規則に出産休暇を導入し、男性の育児参加への意識を高める。

2)  働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備

【目標】年次有給休暇の取得の促進のための措置

【対策】2008年4月から半日有給休暇制度を導入し、有給休暇の取得を促進する。