第3回一般事業主行動計画

2010年04月1日

急速に進む少子化を受け、2005年4月1日から「次世代育成支援対策推進法」が施行されました。次世代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境の整備を行うための法律で、行動計画を策定し実施することとされています。くじらグループでは、仕事と生活の調和された「ワークライフバランス」を目指し、職場環境の整備に努めてきました。現在は次のような行動計画を策定していますのでお知らせいたします。

《一般事業主行動計画》

職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全体が働きやすい環境をつくることによって、全ての職員がその能力を充分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

Ⅰ.計画期間

2010年4月1 日から2012年3月31日までの2年間

Ⅱ.内容

1) 子育てを行う労働者等の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備

【目標】子供の看護のための休暇の取得は中学校就学の始期に達するまでとする

【対策】2010年7月 育児・介護休業等に関する規則を改正するときに、子供の看護のための休暇は、
             中学校就学の始期まで取得できるように改正する。

2)  働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備

【目標】年次有給休暇の取得の促進のための措置の実施

【対策】2010年7月 リフレッシュ休暇制度を見直して、連続7連休の取得ができるように改正する。

     2010年9月 広報(くじらジャーナル)に掲載して、リフレッシュ休暇を取得する意義を周知し、                                         ワークライフバランスのとれた職場環境を整備する。